FC2ブログ
(C)2005 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved

おお人間よ!人間よ!鰐の種族よ!
いくら探しても見つかんないので買いました「モンテ・クリスト伯」
でも探してた出版社の物が、どうも絶版してるみたいで全く見当たりません
しかたがなく別の出版社のやつを買ったんだけど
慣れ親しんだ訳者のと違うせいか、どうも違和感を感じます

気が付くと1時間おきくらいに (-ω-;)ウーン 読み辛いな~
って言ってる自分に気が付いたりしてます
まぁでも好きな本なので、やっぱ手元にあるのは嬉しいです

この本で一番衝撃を受け、自分の人生観に影響を与えた箇所を紹介します
長くなるので、面倒だと思う方は見ない方がいいカモ
「モンテ・クリスト伯」 アレクサンドル・デュマ 山内 義雄 訳
岩波文庫 全7冊

第3冊目 ローマの謝肉祭の幕開けとして、公開処刑が始められます
2人の死刑囚のうち1人にモンテ・クリスト伯の計らいで恩赦が下されます
(以下訳書文のまま) ←ちょっと読み辛いよ?もっと漢字使おうヨ

「なぜこの男だけゆるされて、あっしはゆるされないんだ?あっしたちはいっしょに
死ぬことになってるんだ。この男はあっしよりよりも先に死ぬ約束になっていた。
それなのに、あっしばかり死なせる法があるもんか。一人ぼっちで死ぬのは厭だ。
そんなこたあ厭だ!」 

(中略)

「おわかりになりませんか?あそこの殺されようとしている人間が、自分の仲間が
いっしょに死なないことになったのをみて猛りたっているのです。
したいほうだいさせておいたら、自分だけ殺されて、仲間が助かるというので、
その男を爪や歯で引き裂いて殺しかねますまい。
おお人間よ!人間よ!鰐の種族よ!
とカルル・モール(シルラー『群盗』中に出てくる隊長)も言っております。」と、
伯爵は双の拳をを群集のほうに差し伸べながら叫んだ。
「お前たちらしいことをやっているな。いつ、いかなる時も、お前たちは
お前たちらしいことをやっているのだ!」

(中略)

「ごらんなさい、ねえ、なんともおもしろいではありませんか。ついいましがた、
一人の男は、自分の運命をあきらめて断頭台のほうへ歩いてゆき、臆病者らしく、
なんの抵抗も抗弁もせずに死んでいこうとしていました。何がその男にいくつかの
力を与えていたとお思いです?何がその男の心に慰めを与えていたとお思いです?
それは、自分以外の一人の男が、自分とその苦しみを分かつということでした。
他の一人の男が、自分と同じように死んでゆくからということでした。
自分以外の一人の男が、自分より先に死んでゆくからということでした!
羊を二匹、屠殺所に連れていってごらんなさい。
牛を二匹、屠牛所につれていってごらんなさい。
そして、そのうちの一頭に向かって、仲間が死なずに済むようになったことを
わからせてやってごらんなさい。
羊は喜んで啼き声をたてるでしょう。牛は嬉しさのあまり吼え立てることでしょう。
ところがです、人間、神によってそのお姿を写して作られたと言われる人間、
神から、その第一の、唯一の、そして最高の掟として隣人の愛ということを
教えられている人間、神から、意思をあらわすために声を与えられている人間が、
朋輩が助かったということを聞かされてまず第一に立てる叫びは、
いったいなんだというのでしょう?呪詛です。
人間に栄光あれ。
自然のつくり出した傑作、作られたもののなかで王者たる人間に栄光あれ!」


初めて読んだ時の衝撃は、今でも忘れませんが
この本のせいで少し皮肉屋さんになったような気がします、、、多分('-'*)エヘ

今4巻目なので、全部読み終えたら大航海に復帰するかもです、、、多分

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/10/27/Tue 13:23[EDIT]
シャノンたんが公開処刑になるところをアノテ伯爵に助けられた。悪徳商人に助けられたので皮肉屋になったシャノンたんがDOLにもうすぐ復帰する。

っていうところまで読んだ
アルベルト | URL | 2009/10/27/Tue 19:17[EDIT]
>悲哀仙人
ある意味才能だよね('-'*)
一瞬、後頭葉に障害があるのかと思っちゃうけど
Channon | URL | 2009/10/28/Wed 22:00[EDIT]
まぁ、アルさんらしくてある意味すごいわね
秋の夜長はやっぱり読書よね
francioyosirin | URL | 2009/10/28/Wed 22:23[EDIT]
>ヨシリンさん
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) ウンウン
Channon | URL | 2009/10/29/Thu 19:45[EDIT]
確かに訳者が換わると読みずらいかもです^^;
私は赤毛のアンシリーズとか帆船小説で味わいました
シュフ | URL | 2009/11/28/Sat 10:14[EDIT]
>シュフさん
おー同じ思いをした人がいるとなんか嬉しいな~
ってマゾじゃないけど(^▽^;)
Channon | URL | 2009/11/28/Sat 21:23[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © シャノンの徘徊日記. all rights reserved.

カスタマイズ: